リフォームの事なら何でも当社にお任せください!テキスト ボックス:  リフォーム業者にはそれぞれに得意分野がある

リフォームをどの業者に依頼するかは、仕上がりに直結する非常に大事なポイントです。悪質な業者による被害も増えているので、充分な検討が必要です。 

リフォームの依頼先の代表的なものとして、リフォーム専門店、設計事務所、工務店があります。それぞれ特徴がありますので、大まかな目安として以下のようなことを覚えておくと良いでしょう。 

リフォーム専門店はプランニングから施工まで、トータルのレベルが高いのが特徴といえます。得手不得手がなく、リフォームの依頼先としては最も無難な選択肢ということができるでしょう。小規模なリフォームから大規模なものまで、難なくこなしてくれます。ある程度お任せでリフォームしてもらうこともできますので、依頼者側にあまり知識がない場合などは特にオススメです。ただしコストが割高になる傾向が見られ、その点がデメリットといえます。 

設計事務所はデザイン力に期待できます。依頼者の要望や不満点を考慮しつつ、ハイセンスなリフォームを提案してくれるでしょう。大幅な間取り変更など、デザイン力が問われるリフォームでは非常に強い味方になってくれるはずです。設計士によってデザインの傾向が異なりますので、過去にどんなものを手がけたのか、写真資料などを見せてもらうといいでしょう。 

工務店は地元密着型の営業をしているところがほとんどで、コミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。担当者が職人であることが多く、工事施工者に直接要望を伝えることができるというのも魅力です。小規模な部分工事や和室などのリフォームは職人の技術が活きるため向いているといえるでしょう。また大規模なリフォーム会社などと比べると比較的低コストです。依頼者側にある程度知識があり、要望を的確に伝えられる場合はオススメです。
小売店によるリフォーム
リフォーム専門店、設計事務所、工務店の他にも、住宅メーカーやインテリアショップ、設備機器メーカーがリフォームを請け負っていることがあります。 

住宅メーカーはリフォーム全般の総合力が高いのが特徴といえます。リフォーム専門店として別会社を持っているケースや、リフォーム部門を設けているケースなど、形態は様々です。 

インテリアショップがおこなうリフォームは設計・デザインの質が高いのが特徴です。デザイン性の高い住まいを目指すなら検討してみる価値はあるでしょう。 

設備機器メーカーはそのメーカーの設備を導入する場合に依頼するのが一般的です。バスルームやキッチンなど、水回りのリフォームに向いているといえるでしょう。 

住宅メーカー、インテリアショップ、設備機器メーカーとも、それぞれ自社の製品を安く扱えることから、全体のコストを抑えやすい、というメリットがあります。

リフォームプランの三要素「意匠」「機能」「コスト」、フォルムではこの三つの要素のバランスを大切にしています。
デザイン性も高く、住まいとしても使い勝手もよく、コストも適正という、3つの要素のバランスが取れたリフォームによって「楽しい」と「気持ち良い」を実現した良質な住まいが完成すると考えています。


  当社は創業45年地元の西東京市、小平市、東久留米市を主に拠点としたリフォームの専門業者で
何でも施工しますが、主に水周り、給湯器、風呂釜、タイル外溝工事を得意とした会社です。
                   〒188-0013
                   東京都西東京市向台町1丁目7番5号
有限会社 シモダ 
TEL042(465)7694
FAX042(463)8662

浴室施工例

トイレ施工例

玄関施工例

西東京市のリフォームのことなら              (有)シモダ

リフォ-ムの下田タイル

小平市のリフォームのことなら

     (有)シモダ

リフォ-ムの下田タイル

東久留米のリフォ-ムの

(有)シモダル